MENU
カテゴリー
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

キャンプ初心者が知っておきたいキャンプ費用の内訳

キャンプは自然の中でリフレッシュできる素晴らしいアクティビティですが、初心者にとっては何から始めればいいのか、そしてどれくらいの費用がかかるのか気になるところです。この記事では、キャンプを始める際に必要となる基本的な費用について詳しく解説します。

目次

キャンプ用品の費用

まず、キャンプを始めるためには基本的なキャンプ用品が必要です。以下は、その代表的なアイテムとおおよその費用です。

テント

テントはキャンプの基本です。初心者向けの手頃なテントから、高性能なものまでさまざまな選択肢があります。テントの価格帯は、5,000円〜30,000円程度です。以下のポイントを参考に、最初のテントを選びましょう。

一人用から家族用まで様々なサイズがあります。初心者には設営が簡単な2〜3人用のテントがオススメです。

Amazonでテントを探す!

寝袋

寝袋は、快適な睡眠を確保するために欠かせません。価格帯は3,000円〜20,000円程度で、季節や使用環境によって選ぶことが重要です。

寒冷地用、夏用、オールシーズン用などがあります。初心者にはオールシーズン対応の寝袋が便利です。

マット

地面の凹凸や冷気を遮断するために、寝袋の下に敷くマットも必要です。価格帯は2,000円〜10,000円程度です。

空気を入れて膨らませるタイプで、クッション性が高いです。収納時はコンパクトになりますが、穴が空くリスクがあります。

ランタン

夜間の照明としてランタンが必要です。価格帯は2,000円〜15,000円程度で、以下の種類があります。

手軽で使いやすいですが、電池の交換が必要です。

クッキングセット

キャンプ料理を楽しむためのクッキングセットも欠かせません。価格帯は3,000円〜15,000円程度です。

コンパクトなシングルバーナーから、複数の調理ができるツーバーナーまであります。初心者には使いやすいシングルバーナーがオススメです。

衣類・個人装備の費用

キャンプには適切な衣類や個人装備も必要です。以下は、その代表的なアイテムとおおよその費用です。

アウトドアウェア

防風、防水、保温機能のあるアウトドアウェアは、快適なキャンプを楽しむために重要です。価格帯は5,000円〜20,000円程度です。

防風・防水機能があり、急な天候の変化にも対応できます。ゴアテックス素材などがオススメです。

Amazonでアウトドアウェアを探す!

トレッキングシューズ

足元を守り、長時間の歩行に耐えるトレッキングシューズが必要です。価格帯は5,000円〜20,000円程度です。

足首までしっかりサポートし、山道や不整地でも安定します。

リュックサック

必要な荷物を全て持ち運ぶために十分な容量のリュックサックを選びましょう。価格帯は3,000円〜15,000円程度です。

一泊二日のキャンプには30〜40リットル程度の容量が適しています。

キャンプ場の利用料金

キャンプをする場所によっても費用は異なります。以下は、日本国内の一般的なキャンプ場の利用料金の目安です。

オートキャンプ場

車で乗り入れ可能なキャンプサイトで、電源付きのサイトもあります。価格帯は1,500円〜5,000円/1泊ぐらいになるのでは。

シャワーやトイレ、炊事場などが整っており、初心者にも利用しやすいです。

フリーサイト

区画が指定されていないサイトで、比較的安価です。価格帯は1,000円〜3,000円/1泊ぐらいです。

好きな場所にテントを張ることができ、自分だけのスペースを作りやすいです。

食材・消耗品の費用

キャンプ中に必要な食材や消耗品も考慮する必要があるでしょう。

食材費

バーベキュー用の肉や野菜、飲み物などが含まれます。価格帯は1,000円〜3,000円/1食ぐらいになります。

肉、野菜、シーフードなどをセットで購入すると便利です。スーパーやオンラインで購入できます。

消耗品

ガスカートリッジ、炭、調味料、ティッシュ、ゴミ袋などが必要です。価格帯は500円〜1,500円ぐらいです。

バーナー用のガスカートリッジや焚き火用の炭など、燃料の準備を忘れずに。

その他の費用

その他、予想外の費用もあるかもしれません。例えば、以下のようなものがあります。

交通費

キャンプ場までの交通手段にかかる費用です。車で行く場合はガソリン代や高速道路料金、電車やバスの場合は運賃を計算に入れておきましょう。事前にナビで検索するなどしたらおよその距離や経路によっては高速料金を教えてくれると思いますので計算がしやすく役にたつと思います。

車で移動する場合、ガソリン代がかかります。キャンプ場までの距離や車の燃費を考慮して予算を立てましょう。

レンタル費用

一部の道具をレンタルする場合の費用です。キャンプ場によっては、テントや寝袋、バーベキューグリルなどをレンタルできるところもあります。

レンタルテント

テントを持っていない場合、レンタルテントを利用することができます。1泊2,000円〜5,000円程度です。

レンタルグリル

バーベキューグリルもレンタル可能です。1泊1,000円〜3,000円程度です。

haru

一つ一つ借りるのは手間と費用が大きくなるので一度ですべてがレンタル出来て2000点以上のアイテムから選べるソトリストがおススメだよ!

国内最大級のキャンプ用品レンタルサービス ソトリスト

ソトリストとはソロ用テントからファミリーテントまで国内最大級の品ぞろえでキャンプに必要なアイテムがすべてレンタル可能なサービスです。

ソトリストが選ばれる理由

前日のお昼12時まで予約ができる清掃不要でそのまま返却OK安心のレンタル補償付き
店舗受取は、ご利用日の前日お昼12時まで予約することができます。キャンプを楽しんだ後の清掃は、すべてソトリストにお任せください。万が一レンタル品を破損した場合でも補償サービスがあるので安心です。

ソトリストの使い方

STEP
会員登録をする

会員登録は無料3分で登録完了!!

STEP
借りたい商品を探す

借りたい商品を探し利用日を選択して注文するだけ

STEP
商品を受け取る

商品を指定の場所で受け取り、事前決済でスムーズ受け取り

STEP
商品の返却

指定の場所へ商品を返却清掃不要で返却OK

初心者にとってはとても便利なサービスではないでしょうか? キャンプ用品を色々試してみたり、頻繁に使うものでもないし置き場所に困るからレンタルしたい、そのまま返却できるから楽などたくさんの方々のニーズに答えれるようなレンタルサービスだと思います。

【ソトリスト】をチェック!

あなたの使っていないアウトドア用品を利用したい方にレンタル品として提供しソトリストが商品登録、掲載、キャンプ用品の管理・メンテナンスを行います。お預け用品が利用されるとオーナー様へ報酬をお支払いします。      
キャンプ用品専門のシェアリングサービスも行っているのでそちらが気になる方は

こちらソトリスト キャンプ用品専門のシェアリングサービス

保険

アウトドア保険に加入する場合の費用です。使わないに越したことはないですがアウトドアでは何があるかわかりません、もしかしたら大きな怪我に見舞われるかもしれません。キャンプ中のケガや事故に備えて、保険に加入しておくと安心です。

アウトドア保険

1日単位で加入できる保険もあります。料金は500円〜1,500円程度です。

haru

楽天市場で商品を購入する感覚でアウトドア保険に入れるって知ってた?

yusa

知らなかったー。
教えて!

自然と接する時は危険と隣合わせになることがあるかもしれないので万が一に備えて保険に入ることも有だと思います。

下記では楽天のアウトドア保険でのケガによる保証がどのようなものがあるか見ていきましょう。 コースによって補償内容は変わってきます

ケガによる保証の種類

  • 入院の補償
  • 手術の補償(充実コースのみ)
  • 携行品の補償
  • 救援者費用等の補償
  • 死亡の補償(節約コースは除く)
  • 後遺障害の補償(節約コースは除く)
楽天アウトドア保険

詳しく確認をしたい方は楽天超かんたん保険からご確認ください。

楽天でのアウトドアプランの選び方

STEP
型(被保険者の範囲)を選ぶ
  • 本人型
  • 夫婦型
  • 家族型
STEP
コース(補償内容)を選ぶ

お手頃な保険料で保証をお求めの方

STEP
支払方法を選ぶ
  • 年払
  • 月払

購入後のお申込み完了までの流れ

STEP
メール件名:【重要】必ずご登録くださいーマイページお手続きのご案内ー

メールにリンクしているマイページから申込状況を確認

STEP
お申込みフォームを必ず入力

マイページからお申込みフォームにご登録

STEP
保険料支払情報(楽天ペイ)を必ず入力

お申込フォーム登録完了後、続けて保険料支払情報(楽天ペイ)のご登録

今回は楽天の保険でしたが他の物でのいいので万が一に備えて保険に入ってみてはいかがですか。

まとめ

キャンプを始めるにあたって、初期費用としては最低でも30,000円〜50,000円程度を見積もっておくと安心です。キャンプ用品は一度揃えると長く使えるものが多いため、少しずつ良いものを揃えていくのも良い方法です。まずは必要最低限の道具を揃え、徐々に自分のスタイルに合わせたキャンプを楽しんでください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次